□■
■ 
++ サイズなどの表記について ++
□■
『あいんどっく』の社員たちの極秘スリー!?サイズ
 参考にしてくださいませ

サイズシルエット モデル:びっけ(^_^)v
  1 首周り 2 背丈 3 胴回り 体重
(平均)
体重
(最大)
性別
あいん名誉会長(GR) 46cm 65cm 76cm 27kg 33kg
ミミ名誉会長(LR) 45cm 64cm 76cm 26kg 29kg
びっけ名誉会長(FCR) 44cm 63cm 74cm 25kg 26kg
あすた社長代行(GR) 44cm 63cm 76cm 25kg 26kg
すぅ専務見習い(LR) 43cm 59cm 77cm 27kg 29kg
背丈は、首輪を着用し、首輪の位置から尻尾の付け根までの数値
※ゴールデン、ラブ、フラットで体型が違い、コートも違いますので、参考としてください。
あいんどっくでは、ミミ専務よりコートがあるあいん社長が大きいサイズを着る事も多々あります。
測り方(コートを含むゆったり目とか、ぴっちりきっちりキツメなど)、測定場所などでも違いが出ます。

びっけは、10歳過ぎから体重を増やしました。(大病時の体力温存の為)
体重25kgオーバー 胸囲74cm (2012年)

見た目は、
あいん名誉会長:
 ゴールデンレトリーバー(♀)の標準的な体型かな 33kgになった時も今も見た目はあまり変わらない
(全体的に肉が付くから見た目が変わらないのかも(^^ゞ )

ミミ名誉会長:
 体型がはと胸 太るとラブラドールレトリーバーの樽(笑)“タルタドール レトリーバー”になります

 シニアの歳になってからは、な!なんと!、29kgまで肥大中! (-_-メ)
 だけど、洋服のサイズは、あまり変わらない、不思議な肥え方で〜す。(^^ゞ
 (その後、13歳を迎えて、ちょっと体重が落ち始めてます。(^^ゞ ) (13歳)

びっけ名誉会長:
 標準的なフラット・コーテッドレトリーバーと比べると、少し小ぶりだけど、
 背丈?体長?は、一丁前の長さがある
 10歳にして、日々、肥え始める今日この頃… (-_-メ) (10歳)

あすた社長代行:
 最近(6歳)やっと、肉も付いてきて、標準的な♀の体型になりました。

すぅ専務見習い:
 ラブ特有の背丈が短い割には、体重が重いの体型。
 見た目も小さく、お座りをした姿勢であすたと頭のてっぺんの位置で比較すると10cm弱も低い

※ 体重(平均)は、ベスト体重を表し、この数値を維持するようにしています
※ 体重(最大)は、今までで1番太った時の数値です この最大値くらいの骨格があると思います
(社員たちの運動量は、都会で暮らすワンコたちより多いと思いますので、少し軽めかも知れません)
※測定をする箇所(場所)に個人差があるので、目安としてください
(首まわりも頭より、肩よりでサイズが大きく変わります)

ハンドメイドオーダーシャツは、
Lサイズ: びっけ(FCR) /ミミ(LR)伸縮性があるタイプ時
XLサイズ: あいん(GR) /ミミ(LR)伸縮性がないタイプ時
2XLサイズ: お友達犬GR♂・37kg(大き目な子)


洋服のタイプについて

Teeタイプ:
 お腹側、背中側が同じ長さのTシャツ
お腹側もしっかり生地があるので、泥はね汚れなどでお腹のコートを汚さないように着れます。
(男の子は、お腹側の長さに注意が必要)

タキシードタイプ:
 男の子の排泄を考え、お腹側が背中側より短く作られています


● お洋服など、メーカーカタログやパッケージ記載サイズなどと実寸が違う場合もございます。

また、同じメーカー同じサイズであっても、スタイルや素材によって大きさに違いがある場合がございます。

夏向けなどは、生地も薄く伸縮性もある場合は、基準よりも大き目、冬向けなどのアウター系は、生地も厚く

伸縮性が乏しく小さ目になっている場合もございます。

 

● メーカーカタログやパッケージ記載に、「ゴールデンレトリバー: ○○サイズ」など、犬種毎にサイズ指定が

されている場合もございますが、ひとつの目安でございますので、愛犬サイズとサイズ数値を照合してください。

 

● 骨格などでサイズ数値内でも適合しない場合もございます。

 

● カタログやパッケージなどに、「超小型犬用」、「小型犬用」、「中型犬用」、「大型犬用」、「超大型犬用」や、

「体重5kgまで」、「体重10kgまで」、「体重20kgまで」、「体重30kgまで」などと記載されているアイテムもございます。

特に日本のメーカーなどで記載されている事が多く見受けられます。

輸入品などの場合、本国のアメリカでは、小型犬用や大型犬用などの記載はほとんどございませんので、輸入元

などが、サイズが、「S」、「M」、「L」などの規格サイズに対し、Sは、小型犬、Mは、中型犬、Lは、大型犬など

独自の目安として記載されている場合がございます。

日本メーカーでも、同様に、Sは、小型犬、Mは、中型犬、Lは、大型犬などとしている所もございます。

愛犬の好みや遊び方、扱い方などと、商品サイズ、大きさなどで適合を飼い主様がご判断ください。

 

● メーカーカタログやパッケージなどに、参考し難いサイズが記載されている事もございます。

洋服の適合サイズやドッグベッドなどの適合に、「体重○○kg」などの記載がある場合もございます。

最近は、このようなかなり大ざっぱな表記は少なくなっておりますが、以前の海外、アメリカでは、「体重○○kgは、

おおよそこのくらいの体の大きさ」で判断されていた事もございます。 ドッグベッドやお洋服、他の犬具の適合に

体重では判断ができないと思われますので、参考にしない方が無難だと思われます。

2017/01/05

 

<<前のページへ戻る